港区の税理士で相続の相談をする前に注意すること

相続人と被相続人の関係性がわかる書類を準備しましょう。被相続人の出生時からの流れがわかる戸籍抄本があると便利です。

税理士の仕事をする際のよくある質問

税理士報酬はどのくらいかかりますか

依頼内容にもよりますが20万円前後を見込んでください。事前見積もりを行い納得いただいてから着手します。

手続き完了までどのくらいかかりますか

1~2か月のお時間を見込んでいただけると幸いです。依頼内容によってはさらに時間がかかる場合もあります。

遺産分割協議の手続きもしてもらいたいです。

可能ですが、場合によっては行政書士などの力を借りることになります。その際は別途見積もりを行います。

相続税が支払えないかもしれません。

税制の優遇も存在します。相続税をねん出するため、相続財産を手放す前にぜひ一度ご相談ください。

依頼費用を抑えたいです。

ご自身で手続きを行っていただく方法をとれば、依頼費用を抑えることも可能です。まずはご相談ください。

利用する場合に気をつけたいこと

電卓と書類

港区で税理士を探している場合には、どのような契約にするか気をつけておきたいところです。一般的な契約としては、企業ならば顧問契約になるでしょう。この契約は、毎月一定の金額を支払い、その間ならば税務に関する相談を自由にできるのが特徴です。もちろん、空いている時間でなければ難しいですが、税理士の方で時間が大丈夫ならば、そのまま税務に関する相談を無料で行うことができます。最近は、顧問税理士のかたちも少しずつ変わってきています。例えば、時間単位で相談する仕組みも注目されているでしょう。例えば、1時間あたり5000円から10,000円のお金を支払い、税金に関する相談をするわけです。その時間の間ならば、いくつ質問をしても問題ありません。その結果、本当に重要な情報を引き出すことができて、税金の無駄遣いなどをなくすことも可能かもしれません。

金額から選ぶ方法がある

男性弁護士

港区で税理士を選ぶとすれば、金額で選ぶ方法があります。金額とは、毎月払う金額や、1回あたりの金額のことです。例えば、顧問契約をする場合でも1ヶ月あたりの料金が事務所によって異なります。安いところならば、1ヵ月あたり2万円から30,000円で請け負ってくれるかもしれません。しかし、ある程度有名な事務所にお願いするとなれば、100,000円以上のお金がかかるケースもあります。中小企業かそれ以上の大きさの会社ならば、業務の幅も広いため100,000円前後のお金を払うケースも少なくありません。

信頼できるかどうか

電卓と書類

港区の税理士を選ぶポイントは、お金関係の問題だけでなく信頼できるかどうかを考えておきたいところです。例えば、税務に関して任せるとなれば、そこには個人情報が多分に含まれています。これらの情報が外に漏れてしまえば、その会社の破滅を招くことになります。つまり、当たり前のようですがセキュリティー対策が十分にされている会社を選ぶのが良いでしょう。その場合は、少し料金が高くなっても問題ないと考えるべきです。後は、実際に話をしてみて信頼できそうかどうかで決めるのも方法といえます。

広告募集中